スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

iPS細胞に関する特許について

2013-06-02
iPS細胞に関する特許について


iPS細胞に関する特許については、

京都大学が主体となって取得している。


民間企業は、京都大学のライセンス管理会社

「iPSアカデミアジャパン」を経由してライセンス供与を受ける形だ。


そのiPSアカデミアジャパンと

ライセンス契約を結んでいるのが上場企業では唯一、
タカラバイオ。


このほか非上場企業のリプロセル、
ディナベック、ユニーテックなどがライセンス契約を締結しているとされる。

国を挙げてiPS細胞研究には予算が投入され

タカラバイオの相場は、長期ホールドでよさそうだ。



タカラバイオ。

京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授の

ノーベル生理学・医学賞受賞を受けて

2012年10月からの株式市場は「再生医療関連株フィーバー」に沸いた。


その物色人気の中心にいたのが

iPS細胞の作製受託サービスを手がけるタカラバイオ。

材料が出た直後の株価497円からわずか7営業日で

1010円まで急騰の快進撃となった。



再生医療関連大手企業への本格的な波及。

タカラバイオの親会社である宝ホールディングス、

iPS細胞製の治療用細胞を培養する装置を実用化させた島津製作所、

iPS細胞由来の心筋細胞を世界で初めて発売したニプロ、


文部科学省が推進する

「再生医療の実現化プロジェクト」の一角である武田薬品工業、

アステラス製薬などは、次の現実買いの場面で本領を発揮しそうだ。


それまでは、医学生物学研究所など表の銘柄のほか、

DNA自動抽出装置で世界トップのPSS、

抗体医薬につながる抗体作製で優れた技術を持つ

カイオム・バイオサイエンス、

ガン免疫療法サービスのテラなどに〝夢を買う?相場展開がされている。
スポンサーサイト
tag :

山中 伸弥 教授の受賞歴は凄い!本当に、カッコいい日本人だ!

2012-12-09

山中 伸弥 教授の受賞歴も凄い!
山中教授は本当に、カッコいい日本人だ!

80歳の母上を、ノーベル賞授賞式に招待!

(しばらく、旅行につれていっていいなかったので・・・・と)


人情味があり、慈悲深く

「武士道の心」を持つ

山中 伸弥 教授の受賞歴も凄い!

<ノーベル賞>「面白い成果、今度は私が」山中教授の右腕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121208-00000067-mai-soci
毎日新聞 12月8日(土)21時【ストックホルム須田桃子】


 ノーベル賞の授賞式が10日、ストックホルムで開かれる。

医学生理学賞を受賞する山中伸弥・京都大教授(50)が招待した

高橋和利・京都大iPS細胞研究所講師(35)と
恩師の米グラッドストーン研究所名誉所長、ロバート・メイリー教授(71)が

8日、それぞれ記者会見し、思いを語った。 
 

 高橋さんは山中さんの右腕として
人工多能性幹細胞(iPS細胞)開発に貢献した。

山中さんは7日の記念講演で

高橋さんと一阪(いちさか)朋子さん(38)=京大iPS細胞研究所技術員、
徳澤佳美さん(36)=埼玉医科大ゲノム医学研究センター特任研究員

=の名前を挙げ、
「彼らの努力なしにはこの場にはいなかった」と謝辞を贈った。
 
 講演を聴いた高橋さんは

「僕も山中先生がいなければこの場にはいない」と
笑顔を見せた。

山中さんとの共同研究は12年。
「僕を一から根気強く育ててくれた」。

今後の抱負を聞かれると

「『受賞者の共同研究者』に甘んじず、
面白い成果を発信していきたい。

将来もう一度(受賞者として)ここに来られたら」と
ちゃめっけたっぷりに語った。
 
 メイリー教授は、

山中さんが座右の銘としている「ビジョン(目標)と
ワークハード(勤勉さ)」を教えた。

米国留学当時の山中さんを
「私の教えを真剣に受け止め、粘り強く失敗から学んでいた。

彼の目を見て、
将来抜きんでた科学者になるだろうと感じた」と誇らしげに語った。 
 
 授賞式は10日午後4時半
(日本時間11日午前0時半)からコンサートホールで開かれ、

平和賞を除く各賞の受賞者がスウェーデンの
カール16世グスタフ国王からメダルを受け取る。

・山中伸弥教授のノーベル賞受賞を喜ぶ

高橋和利・京都大iPS細胞研究所講師、
スリバスタバ博士、ロバート・メイリー教授

=スウェーデン・ストックホルムにて
2012年12月8日、武市公孝撮影

山中教授の講演「60点」…辛口採点の「恩人」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121208-00000800-yom-sci
読売新聞 12月8日(土)20時配信 【ストックホルム=今津博文、三井誠】

10日のノーベル賞授賞式に

山中伸弥・京都大学教授(50)の招待客として出席する

一番弟子の高橋和利・同大講師(35)、

山中さんが留学先で教えを受けた米グラッドストーン研究所の
ロバート・メーリー前所長(71)らが8日朝(日本時間8日夕)
、記者会見して心境を語った。
 

 前日の記念講演で、山中さんに

高橋君がいなければ受賞はなかった」と感謝された高橋さんは、

「カロリンスカ研究所という特別な場所で直接、

感謝の気持ちを述べていただいたのは
とてもいい思い出になりました」と感激。

一方で、
「サイエンスの話をしている時の先生が一番輝いている。

昨日の講演は60点ですね」と

辛めの採点で取材陣を笑わせた。


山中さんを祝福する記者会見に臨む高橋さん(左)、
メーリー博士(右)ら
(8日午前、ストックホルムのホテルで)=川崎公太撮影
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121208-00000800-yom-sci



山中 伸弥 教授の受賞歴が凄い!

・京都大学iPS細胞研究所 CiRA
           2012.04.19
山中伸弥所長がミレニアム技術賞の受賞者に選出されました
http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/pressrelease/other/120419-19
・フィンランド技術アカデミー財団
http://www.technologyacademy.fi/

フィンランド政府などでつくる財団

「フィンランド技術アカデミー」(本部・ヘルシンキ)は

19日、生活を向上させた革新的技術に対して贈る

2012年のミレニアム技術賞に、

山中伸弥・京都大iPS細胞研究所長(49)と、

プログラマーのリーナス・トーバルズ氏(42)=米国
=を選んだと発表した。

授賞式は6月13日にヘルシンキで開かれる。

賞金総額は100万ユーロ(約1億600万円)以上と公表している。
                   2012.04.19


◎iPS細胞開発 山中教授にウルフ賞授与
=ノーベル賞「登竜門」―イスラエル|時事通信
http://eliskip.tumblr.com/post/5990299531

ノーベル賞の登竜門ともいわれる

イスラエルのウルフ賞の授賞式が29日、
エルサレムの国会で行われた。

医学部門を受賞した山中伸弥京都大教授は、

ペレス大統領から賞状を授与された。
 
再生医療や難病の治療での応用が期待される

万能細胞「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」の開発に

成功した山中教授は、
「幹細胞研究への革新的な貢献」が評価された。
 
今回の受賞で

ノーベル賞への期待が高まっていることについて、

山中教授は取材に
「iPS細胞の技術は若いもので、実用化はこれから。

実用化できない段階で、他の賞のことは考えられない」と話した。


◎京大・山中伸弥教授がウルフ賞受賞
ノーベル賞に近づく
http://media.yucasee.jp/posts/index/7781
            2011年05月30日 11時15分 
 
 山中伸弥京都大学教授がウルフ賞を受賞し29日、
イスラエルのエルサレムで授賞式に出席。
 
 iPS細胞(新型万能細胞)を開発したことが評価された。

 ウルフ財団が設立した賞で、1978年から授与が開始され、
農業、化学、数学、医学、物理学、芸術の6部門がある。

賞金は10万米ドル。 
 
 
ノーベル賞の前哨戦とも一部では言われており、
ここをステップにノーベル賞を受賞することもあるという。

日本でも化学賞の野依良治氏、
物理学賞の小柴昌俊氏がウルフ賞を受賞している。


◎山中 伸弥 教授がショウ賞を受賞。
       (2008年6月17日)
http://www.jiji.com/jc/d4?d=d4_news&p=yns002-07209148

山中 伸弥iPS細胞研究センター長/再生医科学研究所教授が、

iPS細胞(ヒト人工多能性幹細胞)の
樹立に成功した業績を評価され、

香港の学術賞「ショウ賞」(生命科学・医学部門)を受賞
 
香港の学術賞「ショウ賞」を受賞した京都大学の山中伸弥教授(左端)。

新万能細胞「人工多能性幹(iPS)細胞」を作り出した業績を評価されたもので、

賞金100万ドル(約1億800万円)を共同受賞した英学者2人と分ける
http://www.jiji.com/jc/d4?d=d4_news&p=yns002-07209148
(香港)(2008年09月09日) 【AFP=時事】

 クローン羊ドリーを作製した英エディンバラ大イアン・ウィルムット教授、
英ノッティンガム大キース・キャンベル教授と合わせ3人での共同受賞で、

半分が両教授、

もう半分が山中教授という比率での評価でした。 
 
 同賞は2002年、
香港メディア界の有力者ショウ氏により創設されました。

今年で5回目を迎え、日本人の受賞は初となります。

              (2008年6月17日)


私達日本人が、受賞の喜びと共に、どれ程感動したことか!

ありがとう、山中教授!

健康に注意しt益々のご活躍を!

tag :

「高速思考」に頼って「知的近道」をするとしくじる。ノーベル物理学賞、受賞ダニエル・カーネマン教授。

2012-11-11

ノーベル物理学賞、受賞の
プリンストン大学のダニエル・カーネマン教授。

「高速思考」に頼って「知的近道」をするとしくじる。


「バットとボールがある。あわせて1ドル10セント。
 バットはボールよりも1ドル高い。ボールはいくらでしょう?」
 
実際に考えてほしい。さあ、答えはいくらだろう?
 

「10セント」そう答えた人は間違いである。

 正解は5セント。

バットは1ドル5セントということになる。

実際に次の連立方程式を解くまでそれが間違えであることが分からなかった。
       X + Y = 1.1
       X ー Y = 1.0

これが「世界一のまちがえやすい問題」と知っていても

ひっかかるひとはひっかかる。


  ま、間違ってもそう悲観しなくていい。

ハーバードやプリンストンなどの米国の一流大学生も
トリックに簡単にひっかかって50%以上が間違えるらしい。


  バットとボールの問題も

(なんなら2元連立方程式を作って)ちゃんと考えれば間違えないのに

「高速思考」に頼って「知的近道」をするものだからしくじってしまう。

われわれは自分が思うほどに論理的な存在ではない。

実際は「直感」にたよって大事な決定をしている。

  本当は
「低速思考」でじっくり考えればいいのだが、

脳も効率を優先する。

「直感》や「経験知」で近道ができるから

「高速思考」に委ねてしまうのである。

熱くなる人、

冷静な人

人様々だが

若気の至り?、で許されてしまう

無知な、若いうちに、

「高速思考」に頼って「知的近道」をするから

失敗する。


だが、失敗は経験の元

成功は、

冷静に、自己批判をして

同じ失敗を繰り返さない様

失敗学から学び、

潜在意識のパワーが働くよう

・研究やたゆまぬ努力で、知識、経験を手に入れれば

・知識、経験によって潜在意識のパワーが働く。


こうして、大人になっていく。
 
そして

奢れるもの久しからず。

油断大敵。

年齢と、相談して

一日一日を、大切に生きること。

これを忘れてしまうのが、

人間の性だが、

欧米先進国の多くが、高齢社会

100年に一度の金融危機を

反省と修復で、踏ん張っている。

体力が必要な、高齢社会

疾病予防、医療、介護は

世界のテーマ。


歯科医療技術者の私が感じる

所感です。

tag :

KDDIと、ナレッジワークスの次世代スマートソリューションで、    高齢者が使える、「夢の道具スマホ」出現

2012-10-28

高齢者が使える、「夢の道具スマホ」出現
KDDIと、ナレッジワークスの次世代スマートソリューション

人間の五感にもとづいた検索

しゃべる、ふれる、かざす、スマートな情報へのアクセス


高齢者が使える、「夢の道具スマホ」出現

話しかけた内容は、システムが自動認識

しゃべりかけるだけ。
SCOPE音声検索アプリでは話しかけたフレーズの内容は、システムが自動認識


SCOPE音声検索アプリ(ナレッジワークス)
 
ナレッジワークスの次世代スマートソリューションは、
2012年10月24日水曜日、25日木曜日、26日金曜日迄
幕張メッセで開催される Japan IT week 2012 内に出展された。
Web & モバイルマーケティング EXPO 秋に出展、

 
SCOPE-音声検索
 
簡単で、素早く情報を入手
 
入力は簡単。しゃべりかけるだけ。

SCOPE音声検索アプリは話しかけた内容を、システムが自動認識

 たとえば「23センチの赤いパンプス」と話すだけで、
AND検索やOR検索、AND NOTなどの高度な検索が可能。

 あるいは航空会社での利用で
「うんこう」は「運行」ではなく「運航」として利用サイトに特化した、
固有辞書を適応するので、応答の精度と速度を高めることにつながる。

 
スマートスクリーン
 
ユビキタス時代の魔法
 
ナレッジワークスのARとリテールサポートの実績から生まれた、

カメラセンサー型サーフェース・コンピューティング技術と
画像認識型AR技術をあわせたサービス。


 これまでデジタルに活用されてこなかった都市空間、建物の窓や壁、
もちろんショーウィンドウといったショッピング環境をスマート化し、

インタラクティブなコミュニケーション装置に変身させる。


 スマートフォンからスマートハウスまで、

リテールサポートで実績があるナレッジワークスでは
あらゆるものがスマート化するユビキタス情報社会実現へ。


 
どこでも拡張
 
スマート化させたい場所に、
カメラセンサーを設置して反応するエリアを決定する。

そしてエリア内のそれぞれの箇所に意味づけをおこなう。

あとはコンテンツと紐付けをおこなうだけ。

人間の手や指の動きを認識し、コンテンツを表示できる。

壁やショーウィンドウに触れることなく、

空間で手を動かすだけで、表現やコンテンツを変化させたり、
情報を表示させることができる。

ショーウィンドウでも、壁面でも、博物館や美術館でも、

どこでもスマートに拡張できる。

 

 オプションとして顔認識や
モーション認識と組み合わせたサービスの構成が可能です。

デジタルサイネージとの違い
 
スマートスクリーンはデジタルサイネージとは、
ある意味で一線を画するものです。

デジタルサイネージは固定した専用端末が必要です。


これに対してスマートスクリーンでは
既存の壁やショーウィンドウなどを、

そのものが持つ機能・役割を損わずにスマート化できる。

もちろん既存のサイネージと組み合わせて
スマートスクリーンを実施することも可能。


 
POPAR
 
生活者の購買シーンをスマートに拡張
 
売場改善などリテールサポートで実績がある
ナレッジワークスが提供

購買シーンPoint of Purchaseで、画像認識により

商品パッケージや印刷物(POP)を
スマートフォンでキャッチして、Webページに誘導したり、

デジタルコンテンツを閲覧できる。


O2Oプラットフォームとして、
ブランド戦略に組み込んで利用できる。

 
生活者サイド
 
スマートフォンやカメラ付のタブレットPCに、
App Store(iOS) や Google Play(Android) の各ストアより

POPARアプリ(無料)をダウンロードするだけで、ご利用できる。

あとは
店頭などで見つけたターゲット画像にかざすだけで、

商品のさらに詳しい情報を閲覧したり、
クーポンを取得したりすることができる。


 対応機種:
iOS4.0~ Android2.3~でカメラが付いている機種となる。


 
ブランドサイド
 
画像認識型のサービスなので、

ターゲットとする画像
(印刷物、商品パッケージ、トップボード、POPなど)に
特別なしかけやマーカーなどの印刷が不要。

すでに展開されている商品でも気軽に開始できる。

 生活者の購買接点での施策に欠かすことのできない、

アクセスログ・レポ-ティング機能も備えている。

どの画像(商品、POP、トップボードなど)を、
いつ、何回閲覧されたかなどを把握できる。


 サービスオペレーター機能で、
管理画面よりターゲット画像の登録からコンテンツとの紐づけ、

アクション管理を自社で、低コスト実施できる。

 

MillionAR
 
かざす情報検索
 
クラウドで管理され、カタログに、広告に、
スマートフォンをかざすだけで、


お客様へ商品情報をすばやく、的確に提供できます。

 スマートな画像認識アプリケーションです。


 しかも、これまで難しかった大量データにも対応。
その名のとおり100万点までの商品情報の提供可能です。

 
使い方:ユーザー編
 
 ・アプリをスマートフォンにダウンロード(無料)、必要情報を登録する。
 ・ターゲットにかざして、情報を検索する。
 ・対応機種:iOS4.0~ Android2.3~でカメラが付いている機種です。

 
使い方:管理編
 
 ・最大100万点までの情報提供に対応。
 ・提供される管理画面からターゲット画像の設定、情報との紐づけ、
   アクションの管理などをご自身の手でおこなえます。
 ・テンプレート化された表示画面です。
 ・動画を表示する場合は自社でストリーミングサーバーをご準備いただくか、
   Youtubeの動画となります。
 ・ひとつのターゲットの画像に対して、1動画、あるいは複数画像を設置可能です。
 ・日付別のアクセスを閲覧できるAnalytics機能を提供。 
 

最新の動向、情報・
詳しくは、アメブロで・http://ameblo.jp/36kabu/

tag :

がん化減らす<iPS細胞>作成法を京大確立 6因子使い・これらを「プラスミド」と呼ばれる環状のDNA(デオキシリボ核酸)に組み込む。

2012-10-14

がん化減らすiPS細胞作成法を京大確立 6因子使い

これらを「プラスミド」と呼ばれる
環状のDNA(デオキシリボ核酸)に入れ血液細胞に組み込む。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121011-00000009-mai-soci
        毎日新聞 10月11日(木)

 
 ◇山中教授明かす 再生医療実現へ前進
 
 今年のノーベル医学生理学賞受賞が決まった
山中伸弥・京都大教授(50)が所長を務める京都大iPS細胞研究所が、

再生医療に使うiPS細胞の作成方法として、
がん化する恐れを低減した方法を確立、採用することが10日、わかった。

五つの遺伝子と一つのRNA(リボ核酸)の
「6因子」を血液細胞に組み込む。

研究所は年内にもiPS細胞を作成、
保管する「iPS細胞ストック」事業を本格化させる方針で、

作成手法が確定したことは再生医療実現へ向けて大きな一歩になりそうだ。
 

 
 山中教授が10日、
毎日新聞の単独インタビューで明らかにした。
 
 iPS細胞は、さまざまな細胞に分化する一方、
がん化の恐れが指摘され、07年のヒトiPS細胞開発以来、
作成方法の改良が重ねられてきた。
 
 山中教授らによると、6因子は、

細胞の「初期化」を促す4種類の遺伝子のうち、がん遺伝子「c-Myc」を、
がん化の恐れの限りなく低い「L-Myc」に置き換えた上、

多能性を維持する遺伝子「Lin28」と、
iPS細胞の増殖能力を維持する「p53shRNA」を加えたもの。
 

 これらを「プラスミド」と呼ばれる

環状のDNA(デオキシリボ核酸)に入れて
運び役として使い、血液細胞に組み込む。

従来のレトロウイルスを使う方法と異なり、

細胞の核にある染色体に組み込まれず、
遺伝子が傷つけられないため、安全でがん化の恐れが減るという。

血液細胞を使うのは、血液を採取するだけでよく、
提供者(ドナー)の負担が軽いためだという。
 
 iPS細胞研究所は、
日本人の3、4割をカバーする白血球型を持つ
5~10人の血液細胞からiPS細胞を作成する方針。

既に「6因子」を使う方法で高品質のiPS細胞を
作成する練習を重ねているという。


 
 ◇プラスミド
 
 大腸菌などの細胞の中にある環状のDNA。

細胞に遺伝子を入れる際に使っても染色体内に入らず、
遺伝子異常などを起こす心配がないとされる。

iPS細胞作成でも、遺伝子を組み込むために
当初は細胞の染色体に入り込む性質を持つ

レトロウイルスが使われていたが、
より危険性が少ないプラスミドを使った研究が進んでいる。

タカラバイオ(株)
プラスミド構築(クローニング)


希望の遺伝子をご希望のベクターへクローニングし、
塩基配列確認を行います。

 PCR増幅や制限酵素切断で断片化した目的遺伝子を
In-Fusion法などによりご希望のベクターへクローニングします。


 
http://catalog.takara-bio.co.jp/jutaku/basic_info.asp?unitid=U100004295
 ●プラスミド構築
 
•プラスミド大量調製
・エンドトキシン低減化(トランスフェクショングレード)にも対応可能

複数の遺伝子断片の連結、コザック配列の付加等、
指定の発現ベクター構築に対応

と、
タカラバイオ(株)で、説明書きが表示されている。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。