スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

KDDIと、ナレッジワークスの次世代スマートソリューションで、    高齢者が使える、「夢の道具スマホ」出現

2012-10-28

高齢者が使える、「夢の道具スマホ」出現
KDDIと、ナレッジワークスの次世代スマートソリューション

人間の五感にもとづいた検索

しゃべる、ふれる、かざす、スマートな情報へのアクセス


高齢者が使える、「夢の道具スマホ」出現

話しかけた内容は、システムが自動認識

しゃべりかけるだけ。
SCOPE音声検索アプリでは話しかけたフレーズの内容は、システムが自動認識


SCOPE音声検索アプリ(ナレッジワークス)
 
ナレッジワークスの次世代スマートソリューションは、
2012年10月24日水曜日、25日木曜日、26日金曜日迄
幕張メッセで開催される Japan IT week 2012 内に出展された。
Web & モバイルマーケティング EXPO 秋に出展、

 
SCOPE-音声検索
 
簡単で、素早く情報を入手
 
入力は簡単。しゃべりかけるだけ。

SCOPE音声検索アプリは話しかけた内容を、システムが自動認識

 たとえば「23センチの赤いパンプス」と話すだけで、
AND検索やOR検索、AND NOTなどの高度な検索が可能。

 あるいは航空会社での利用で
「うんこう」は「運行」ではなく「運航」として利用サイトに特化した、
固有辞書を適応するので、応答の精度と速度を高めることにつながる。

 
スマートスクリーン
 
ユビキタス時代の魔法
 
ナレッジワークスのARとリテールサポートの実績から生まれた、

カメラセンサー型サーフェース・コンピューティング技術と
画像認識型AR技術をあわせたサービス。


 これまでデジタルに活用されてこなかった都市空間、建物の窓や壁、
もちろんショーウィンドウといったショッピング環境をスマート化し、

インタラクティブなコミュニケーション装置に変身させる。


 スマートフォンからスマートハウスまで、

リテールサポートで実績があるナレッジワークスでは
あらゆるものがスマート化するユビキタス情報社会実現へ。


 
どこでも拡張
 
スマート化させたい場所に、
カメラセンサーを設置して反応するエリアを決定する。

そしてエリア内のそれぞれの箇所に意味づけをおこなう。

あとはコンテンツと紐付けをおこなうだけ。

人間の手や指の動きを認識し、コンテンツを表示できる。

壁やショーウィンドウに触れることなく、

空間で手を動かすだけで、表現やコンテンツを変化させたり、
情報を表示させることができる。

ショーウィンドウでも、壁面でも、博物館や美術館でも、

どこでもスマートに拡張できる。

 

 オプションとして顔認識や
モーション認識と組み合わせたサービスの構成が可能です。

デジタルサイネージとの違い
 
スマートスクリーンはデジタルサイネージとは、
ある意味で一線を画するものです。

デジタルサイネージは固定した専用端末が必要です。


これに対してスマートスクリーンでは
既存の壁やショーウィンドウなどを、

そのものが持つ機能・役割を損わずにスマート化できる。

もちろん既存のサイネージと組み合わせて
スマートスクリーンを実施することも可能。


 
POPAR
 
生活者の購買シーンをスマートに拡張
 
売場改善などリテールサポートで実績がある
ナレッジワークスが提供

購買シーンPoint of Purchaseで、画像認識により

商品パッケージや印刷物(POP)を
スマートフォンでキャッチして、Webページに誘導したり、

デジタルコンテンツを閲覧できる。


O2Oプラットフォームとして、
ブランド戦略に組み込んで利用できる。

 
生活者サイド
 
スマートフォンやカメラ付のタブレットPCに、
App Store(iOS) や Google Play(Android) の各ストアより

POPARアプリ(無料)をダウンロードするだけで、ご利用できる。

あとは
店頭などで見つけたターゲット画像にかざすだけで、

商品のさらに詳しい情報を閲覧したり、
クーポンを取得したりすることができる。


 対応機種:
iOS4.0~ Android2.3~でカメラが付いている機種となる。


 
ブランドサイド
 
画像認識型のサービスなので、

ターゲットとする画像
(印刷物、商品パッケージ、トップボード、POPなど)に
特別なしかけやマーカーなどの印刷が不要。

すでに展開されている商品でも気軽に開始できる。

 生活者の購買接点での施策に欠かすことのできない、

アクセスログ・レポ-ティング機能も備えている。

どの画像(商品、POP、トップボードなど)を、
いつ、何回閲覧されたかなどを把握できる。


 サービスオペレーター機能で、
管理画面よりターゲット画像の登録からコンテンツとの紐づけ、

アクション管理を自社で、低コスト実施できる。

 

MillionAR
 
かざす情報検索
 
クラウドで管理され、カタログに、広告に、
スマートフォンをかざすだけで、


お客様へ商品情報をすばやく、的確に提供できます。

 スマートな画像認識アプリケーションです。


 しかも、これまで難しかった大量データにも対応。
その名のとおり100万点までの商品情報の提供可能です。

 
使い方:ユーザー編
 
 ・アプリをスマートフォンにダウンロード(無料)、必要情報を登録する。
 ・ターゲットにかざして、情報を検索する。
 ・対応機種:iOS4.0~ Android2.3~でカメラが付いている機種です。

 
使い方:管理編
 
 ・最大100万点までの情報提供に対応。
 ・提供される管理画面からターゲット画像の設定、情報との紐づけ、
   アクションの管理などをご自身の手でおこなえます。
 ・テンプレート化された表示画面です。
 ・動画を表示する場合は自社でストリーミングサーバーをご準備いただくか、
   Youtubeの動画となります。
 ・ひとつのターゲットの画像に対して、1動画、あるいは複数画像を設置可能です。
 ・日付別のアクセスを閲覧できるAnalytics機能を提供。 
 

最新の動向、情報・
詳しくは、アメブロで・http://ameblo.jp/36kabu/

スポンサーサイト
tag :

がん化減らす<iPS細胞>作成法を京大確立 6因子使い・これらを「プラスミド」と呼ばれる環状のDNA(デオキシリボ核酸)に組み込む。

2012-10-14

がん化減らすiPS細胞作成法を京大確立 6因子使い

これらを「プラスミド」と呼ばれる
環状のDNA(デオキシリボ核酸)に入れ血液細胞に組み込む。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121011-00000009-mai-soci
        毎日新聞 10月11日(木)

 
 ◇山中教授明かす 再生医療実現へ前進
 
 今年のノーベル医学生理学賞受賞が決まった
山中伸弥・京都大教授(50)が所長を務める京都大iPS細胞研究所が、

再生医療に使うiPS細胞の作成方法として、
がん化する恐れを低減した方法を確立、採用することが10日、わかった。

五つの遺伝子と一つのRNA(リボ核酸)の
「6因子」を血液細胞に組み込む。

研究所は年内にもiPS細胞を作成、
保管する「iPS細胞ストック」事業を本格化させる方針で、

作成手法が確定したことは再生医療実現へ向けて大きな一歩になりそうだ。
 

 
 山中教授が10日、
毎日新聞の単独インタビューで明らかにした。
 
 iPS細胞は、さまざまな細胞に分化する一方、
がん化の恐れが指摘され、07年のヒトiPS細胞開発以来、
作成方法の改良が重ねられてきた。
 
 山中教授らによると、6因子は、

細胞の「初期化」を促す4種類の遺伝子のうち、がん遺伝子「c-Myc」を、
がん化の恐れの限りなく低い「L-Myc」に置き換えた上、

多能性を維持する遺伝子「Lin28」と、
iPS細胞の増殖能力を維持する「p53shRNA」を加えたもの。
 

 これらを「プラスミド」と呼ばれる

環状のDNA(デオキシリボ核酸)に入れて
運び役として使い、血液細胞に組み込む。

従来のレトロウイルスを使う方法と異なり、

細胞の核にある染色体に組み込まれず、
遺伝子が傷つけられないため、安全でがん化の恐れが減るという。

血液細胞を使うのは、血液を採取するだけでよく、
提供者(ドナー)の負担が軽いためだという。
 
 iPS細胞研究所は、
日本人の3、4割をカバーする白血球型を持つ
5~10人の血液細胞からiPS細胞を作成する方針。

既に「6因子」を使う方法で高品質のiPS細胞を
作成する練習を重ねているという。


 
 ◇プラスミド
 
 大腸菌などの細胞の中にある環状のDNA。

細胞に遺伝子を入れる際に使っても染色体内に入らず、
遺伝子異常などを起こす心配がないとされる。

iPS細胞作成でも、遺伝子を組み込むために
当初は細胞の染色体に入り込む性質を持つ

レトロウイルスが使われていたが、
より危険性が少ないプラスミドを使った研究が進んでいる。

タカラバイオ(株)
プラスミド構築(クローニング)


希望の遺伝子をご希望のベクターへクローニングし、
塩基配列確認を行います。

 PCR増幅や制限酵素切断で断片化した目的遺伝子を
In-Fusion法などによりご希望のベクターへクローニングします。


 
http://catalog.takara-bio.co.jp/jutaku/basic_info.asp?unitid=U100004295
 ●プラスミド構築
 
•プラスミド大量調製
・エンドトキシン低減化(トランスフェクショングレード)にも対応可能

複数の遺伝子断片の連結、コザック配列の付加等、
指定の発現ベクター構築に対応

と、
タカラバイオ(株)で、説明書きが表示されている。


tag :

<iPS細胞>京大、がん化減らす作成法を確立と発表・文部科学省がiPS細胞の実用化へ300億円規模支援

2012-10-11

<iPS細胞>京大、がん化減らす作成法を確立と発表
文部科学省がiPS細胞の実用化へ300億円規模支援


iPS細胞で、がん化する恐れを低減した方法を
確立採用することが10日、わかった。

iPS細胞の実用化へ300億円規模支援と
文部科学省が10年間継続する方針を固めた。

ここは、日本の底力を発揮させるため
官民一体で、あらゆる支援をするべきと思う。

やはり、ノーベル賞の世界最先端医学賞は
改めて、凄い偉業だと、実感した。


関連のタカラバイオも、

ノーベル賞ご祝儀相場を切り返し中で

改めて、その実力を評価したい。

<iPS細胞>京大、がん化減らす作成法を確立 6因子使い
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121011-00000009-mai-soci
毎日新聞 10月11日(木)2時32分配信

◇山中教授明かす 再生医療実現へ前進
 
ノーベル医学生理学賞受賞が決まった山中伸弥・京都大教授(50)が
再生医療に使うiPS細胞の作成方法として、

がん化する恐れを低減した方法を確立、
採用することが10日、わかった。

五つの遺伝子と一つのRNA(リボ核酸)の「6因子」を
血液細胞に組み込む。研究所は年内にもiPS細胞を作成、

保管する「iPS細胞ストック」事業を本格化させる方針で、
作成手法が確定したことは再生医療実現へ向けて大きな一歩になりそうだ。

タカラバイオ(株)
プラスミド構築(クローニング)
目的遺伝子をご希望ベクターへ自由自在にクローニング
 
http://catalog.takara-bio.co.jp/jutaku/basic_info.asp?unitid=U100004295
 ●プラスミド構築
 
複数の遺伝子断片の連結、コザック配列の付加等、
指定の発現ベクター構築に対応

プラスミド構築後、インサート領域の塩基配列確認。


iPS研究支援、10年継続=実用化へ300億円規模
-文科省
 
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012101000955
              (2012/10/10-22:37)
 京都大の山中伸弥教授が開発した
人工多能性幹細胞(iPS細胞)の研究支援について、
文部科学省は10日までに、さらに10年間継続する方針を固めた。

既に2013年度予算の概算要求で27億円を計上しており、
今後10年で予算総額は300億円規模に達する見通し。

 文科省は、山中教授がヒトiPS細胞の作製に成功した
翌年の08年以降、「再生医療の実現化プロジェクト」の一環として、
山中教授が所長を務める京都大iPS細胞研究所など
4研究拠点に総額約100億円を支援してきた。

              (2012/10/10-22:37)


tag :

日本の65歳以上の高齢者は3074万人・高齢者向け玩具で新市場 認知症予防など効果期待

2012-10-09

高齢者向け玩具で新市場 認知症予防など効果期待
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121007-00000001-fsi-bus_all
                                SankeiBiz 10月8日(月)

敬老の日のニュースで
・・・国内の高齢者 初の3000万人超 NHKニュース

総務省のまとめによると、
 今月15日現在で推計した日本の65歳以上の高齢者は3074万人で、
 去年の同じ時期と比べて102万人増加し、比較が可能な昭和25年以降、
 初めて3000万人を超えた。

介護市場、福祉関連市場等、高齢者向け玩具開発が進み認知症予防や体力向上などの効果が期待される。


私は、歯科医療技術者なので、老化予防は

『咬んで食べられる口腔ケアが基本』
       
     
と、思っています。


●高齢者向けの玩具やゲームが増えている。

玩具メーカーが福祉関連企業と共同で開発を進めたり、

独り暮らしの
高齢者向けコミュニケーションロボットなども商品化されている。

エンターテインメント業界でも高齢者向けの新たな市場が形成されつつある。
 

●ゲーセン…若者向けのはずがシニアばかり

 バンダイナムコホールディングス(HD)傘下の
デイサービスセンター「かいかや」(横浜市)は、

アミューズメント機器メーカーのサイ(さいたま市)や
九州大学病院と共同で、楽しみながら

運動機能や脳機能などを活性化できるゲーム機
「ドキドキへび退治II」を開発した。
 
 イスに座って次々と出てくるヘビを
足で踏み得点を競うゲーム機で、転倒予防などに効果的な
足の運動を「安全に行える」(サイ営業部)のが特徴。

2006年にナムコが発売した「ドキドキへび退治」の後継機で、
部品の改良などで価格を約半分の59万円に抑えた。

今年冬の発売予定で「価格がネックで広く普及しなかったが、
安くなったことで介護施設などへの導入を進めたい」(同)と話す。
 

 また、同HD傘下のバンダイは実在する造形物を
リアルに再現した「大人の超合金」シリーズで、
同社初のシニア向け商品

「南極観測船 宗谷(第一次南極観測隊仕様)」(4万9350円)を
来年1月25日に発売する。

宗谷が南極に向け出航した
1957年当時を生きた60~70代がターゲット。

「高齢者が楽しく触れられる本格的な玩具。

商品を通して当時の記憶をたどることは

脳の活性化にも役立つのではないか」
(開発担当者)と期待を寄せる。

 
 高齢者や介護者の負担を軽減するユニークな玩具も登場している。

医療衛生用品メーカーのピップ(大阪市)と
玩具メーカーのウィズは共同で、

高齢者向けコミュニケーション型ロボット
「スマイルサプリメントロボット 
うなずきかぼちゃん」を昨年11月に開発した。
 
 かぼちゃパンツをはいた3歳の男の子型ロボットで、
相手の呼びかけに反応してうなずいたり、話しかけたりする。

登録されている言葉は約400あり、
「おててをつなごう」と甘えたり、話しかけると
「それから、それから」と続きを促す反応も示す。

価格は2万1000円で、独り暮らしの高齢者や
子育ての終わった夫婦のみの世帯の購入が多いという。
 
 同様の商品では、タカラトミーが2002年に発売した
おしゃべり人形「夢の子ネルル」と「夢の子ユメル」も
購入者の約8割は50歳以上だ。

「独り暮らしの高齢者にとって
会話のきっかけや癒やしになるとの声も多い」(広報)。

当初は子供向けに開発された人形だったが、
予想外の逆転現象で10年以上のロングセラー商品となっている。

●『親の認知症』が早期発見できるチェックリスト

推定患者305万人「親の認知症」早期発見チェックリスト
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121001-00000306-jisin-soci
           女性自身 10月1日(月)

認知症急増、305万人 厚労省推計、65歳以上の1割
                     朝日新聞デジタル  2012年8月26日

 
厚生労働省が先日、’10年に280万人だった認知症患者が
305万人を突破したと発表した。’

25年には患者数が470万人に達すると推定され、
認知症とどうつきあっていくかが今、問われている。
 
「認知症は、原因の病いにより対処法も違います。
血管性疾患は、初期にその病いを治療すれば進行を抑えられます。

一方、物忘れのある高齢者は、骨折、肺炎を患うなどの
環境や身体・精神的な変化で、症状が急激に進行します。



●『早期発見・早期治療が大切です』
 
そう話すのは『(社)認知症の人と家族の会』副代表理事で、
30年以上認知症のケアに携わってきた
川崎幸クリニック院長の杉山孝博氏。

しかし、単なる老化なのか、それとも認知症の始まりなのかを
素人が判断するのはむずかしいところ。


そこで杉山院長に『家族の会』の

会員の経験をもとにしてつくられた、
『親の認知症』が早期発見できるチェックリストを教えてもらった。
 

【もの忘れがひどい】
 (1)今切ったばかりなのに、電話の相手の名前を忘れる。
 (2)同じことを何度も言う・問う・する。
 (3)しまい忘れ置き忘れが増え、いつも探し物をしている。
 (4)財布・通帳・衣類などを盗まれたと人を疑う。
 
【判断・理解力が衰える】
 (5)料理・片付け・計算・運転などのミスが多くなった。
 (6)新しいことが覚えられない。
 (7)話のつじつまが合わない。
 (8)テレビ番組の内容が理解できなくなった。
 
【時間・場所がわからない】
 (9)約束の日時や場所を間違えるようになった。
 (10)慣れた道でも迷うことがある。
 
【人柄が変わる】
 (11)些細なことで怒りっぽくなった。
 (12)周りへの気づかいがなくなり頑固になった。
 (13)自分の失敗を人のせいにする。
 (14)「このごろ様子がおかしい」と周囲から言われた。
 
【不安感が強い】
 (15)ひとりになると怖がったり寂しがったりする。
 (16)外出時、持ち物を何度も確かめる。
 (17)「頭が変になった」と本人が訴える。
 
【意欲がなくなる】
 (18)下着を替えず、身だしなみをかまわなくなった。
 (19)趣味や好きなテレビ番組に興味を示さなくなった。
 (20)ふさぎ込んで何をするのも億劫がりいやがる。

3~4つでも思い当たることがあれば医師に相談を。

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。