スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

サラリーマン個人投資家の警戒点

2012-07-21

 サラリーマンや個人投資家が最も陥りやすい失敗。
 大きな金額を株式に投資して、高値に飛びつく。

株式投資で勝ことは、人生の勝利につながる。

 株価の値動きは銘柄によって大きく異なります。

 デイトレーダーは、日々の株価の変動が大きな銘柄に投資。

 サラリーマン個人投資家には、その様な銘柄には不向きです。

なぜなら
 デイトレーダーは取引時間中ずっと株価をウォッチできるが
 
 サラリーマン個人投資家の本業は、勤め先での仕事
 
 デイトレーダーは株式投資のプロです。
 
 サラリーマン個人投資家は日常の仕事で忙しいことがベター。
 

サラリーマンや、個人の成長は、

 知識、体験、経験、情報力が知恵となり、判断力も備わります。
  ↑↑      ↑↑    ↑↑     ↑↑        ↑↑
 上記によって、グローバル情勢を読みとりながら、少しずつ投資する。
 

 今、グローバル情勢は、高齢化社会と負債処理です。

 
 世界の株価指数を見ると、底値から反転して来ています。
 

 欧州危機にしても、人々との乱闘があるほど、努力してます。
 
 
 
  ユーロ崩壊のシナリオも覚悟しつつ、再建努力をしています。

 

 ですが、

 日本国内を見ると、東日本大震災の復興という国策があり
 
 福島原発事故による、自然再生エネルギー産業創成も国策で
 
 東海、東南海地震対策も、国民の生命を守るという国策です。
 
 

   日本は、この日本列島改造に等しい国策が、
 既に予算化され、動き出しているのです。
 

 目先の激しい動きをする株は、外資勢の囮(オトリ)です。

 
 「マグネット・アホーズ」を操り、高値で吸い付け、急落させ
 戻すと見せかけて、下に~下に~の大名行列。
 

 カモになった個人投資家は、
 信用期日迄、利息を払うか、投げるかです。
 

 日本株の、復興特需を始めとする国策株は、これからです。

 
何回も言います。

 東日本大震災の復興、福島原発事故による、
 自然再生エネルギー産業創成、東海、東南海地震対策、
 タイ洪水被害と、円高対策からの生産拠点再構築完了。
     ↑↑             ↑↑                 ↑↑          ↑↑ 
 上記の業績回復結果は、来年の3月年度末決算に出てきます。


 
 
 予測相場から、業績相場に移行する様子が、月足で良く解ります。
 

 外資トレーダー達が、資金力にモノをいわせ急騰株を仕掛けますが
 長続きしません。
 

 囮(オトリ)です。

 
 1~2週間急騰させ、大商い高値から、急落させてしまう。

 外資トレーダー達や、プロの仕掛人だけが藻けている。

 
 個人投資家は、利息を払うか、投げるかです。
 
 
 

 今は、6ヵ月単位で、動いているのが、月足で、分ります。

 
 1年定期、1年収支、で見ると、6月底値なら
 
 翌年、3月年度末決算時期は、金融期間の資産評価作成のための
 お化粧相場で、業績好調株、有配株は、必ず上っています。
 

 囮(オトリ)株に捕まると、

 
 世界の年金ファンドが、配当取りも兼ねて買ってくる国際優良株に
 乗れません。
 

 11月は、世界のファンド勢の決算です。

 
 そして、大統領選挙も!。
 

大事なことは
 現状は、「100年に一度の金融危機」!デフレ克服中。

 この調整中であるが故、世界中が協力し合いましょう。
 という時期です。
 

米モルガンにいた、「ロンドンのクジラ」という荒業師グループ3人
 退職した様で、世界中の協力体制も、着々と進んでいる。
 
  

 シカゴ穀物指数をみると、小麦、トウモロコシ、日常生活品関連株が
 上昇中です。
 

 中でも、ウォルマートの株価が、急上昇している。
 

 
 これらを踏まえ、グローバルな視点を含め、
 
 日本国内の復興関連株を買って、チャートの月足、週足のつくりを
 追いながら、あまり無理をしないで、株式投資を勉強して行けば
 
 対応能力が備わり、株式投資も勝てます。
 

 何より、人生の勝利者につながる、貴重なチャンスにトライできます。
 

その理由は、遅まきながら、

 ン十年前、証券会社の店頭で、クイックの順番を待ちで、株価を見て

 
 売買注文をする、アナログ売買と、
 

 ホンの数年前からのオンライン取引による、デジタル売買によって

 
 多くを学び、反省した結果の、体験結果記録情報だからです。
 

 

サラリーマンや個人投資家が最も陥りやすい失敗。
 

 大きな金額を株式に投資して、高値に飛びつく。

 
「逃げ遅れ」

 大きな金額を株式に投資して、損切りするタイミングを逸す。
 
 売却タイミングを逸し含み損を抱え身動きが取れなくなる 

 株価が大きく下がって損が膨らむという恐怖。
 

解決策は、株四季投資術を身につけること。

 サラリーマンの本業は勤め先での仕事

 株価が気になって仕方ないほどのポジションを持たない
 
 年中、投資のことばかり考えなければいけないような状況をやめ

 
 放っておいても
 
 お金が増える仕組みを作るチャンスが今だと思います。

建設株の月足は

 一と月の上げが、大幅急騰。

 下げは、信用期日6ヵ月に及び、利息で稼がれ、
 
 満腹買いをしていると、追い証を取られ、強制決済をされる。


業績相場に発展するまでに、損をしないことだ。


いじめは、株式市場でも。「失敗学から学ぶ」。 
 詳しくは、アメブロで・
http://ameblo.jp/36kabu/


スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://36kabu.blog.fc2.com/tb.php/18-2b23fd48
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。